アマン東京|素晴らしいひとときを、素晴らしいホテルで


昨年末から大手町に開業したアマン東京。

世界中のリゾートファンが憧れるアマン初の日本進出、さらにアマン初の都市型ホテルということで注目されていました。

hotel-lovers-amantokyo1

オープンしてから個人的にも足を運んでいますが、アマン東京で時間を過ごすことをオススメしたい理由がいくつかあるので、ご紹介したいと思います。


1 上質さ

ホテルのロビーエントランスからエレベータまで、エレベーターを降りてフロントフロアに足を踏み入れた時に、きっと感じると思います。

「品のいい場所だ」と。

hotel-lovers-amantokyo2

椅子や机の色や材質はもちろん、高い天井、目の前に広がる見晴らしのいい眺望、時間帯によって演奏されている琴の音色、そして流れる水の音。

一つ一つの要素が調和していて、建物の中にいるはずなのに、なぜか空気を吸い込みたくなる不思議な場所です。

リラックスはできます。ただ、それだけでもなく、ある程度の緊張感も感じます。

ホテルはハードとソフト(人のサービスなど)が一体となって品の良さ、上質さを感じられる場所に仕上がるのだと思っていますが、ハードの部分は、ここ最近でも本当に素晴らしいホテルだな、と感じています。

2 非日常感

フロントエリアに入って高くライトアップされた天井を見ると、あの場所が非日常的なところなのだと直感的に感じられると思います。

ホテルはリラックスできる場所でありながら、やはり普段とはまた違った空気、空間を感じられる場所であって欲しいと思っています。

非日常を感じられる場所で時間を過ごすことで、いつもとは違う気づきや発見があったりするものです。

自分なりの価値観でいいとは思いますが、こうした「非日常感」を感じられる場所をいくつか知っておくと、日頃の時間の使い方を決める時において、場所にこだわっての選択ができるようになります。

hotel-lovers-amantokyo3

3 ホテルとしてまだ伸びしろがある

平日夜などの空いている時間にフロントを歩いていると、ホテルスタッフが施設を案内してくれることがあります。

先日ホテルを訪問した時にも案内をしてもらいました。

そこで、図書スペースやシガールームのことを教えてもらいました。ここも他のシティホテルとは違う雰囲気を感じられる場所だな、と思ったと同時に、まだまだホテルとして楽しみ方の伸びしろがあるな、と感じました。

このホテルの図書スペースやシガールームは、レストランやバーなどの場所とも異なる「しっとり」とした空気が流れる大人な場所です。

まだグランドオープンして間もないので、これからどんどん洗練されてホテルとしてソフト面のクオリティが上がってくると思います。ホテルを育てながら、一緒に楽しむことをしたいなら、今はアマン東京が一番のオススメホテルです。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です